風呂の温度を低くして、半身浴で、ゆっくり入る

概要

風呂のお湯の温度を高くしすぎると、心臓に大きな負担がかかります。また、肩までつかることでも心臓に負担がかかります。ぬるめのお湯に、ゆっくり入ることで、体もリラックスして健康にもプラスになります。お湯を減らして、温度を下げた分、省エネにもなります。

CO2排出削減

49 kg-CO2/年

光熱費削減

5,391 円/年

導入価格(目安)

特にかかりません。

※値は目安です。効果を保証するものでありません。あなたの家庭での効果は、大分版WEB家庭のエコ診断を受けると、より正確にわかります。

この画面を閉じる